アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ(Ayurveda)とは?

 

インドにおいて約5000年以上前から継承されている伝統医学のことです。
現在ではWHO(世界保健機構)でも病気予防の医学として正式に推奨されています。
アーユルヴェーダという呼び名は、
サンスクリット語で、アーユス(長寿・生命)とヴェーダ(知識)の複合語です。
心身の毒素を排泄し(デトックス)、自分らしいバランスを取り戻していくための知識という意味からつけられました。

 

自分自身が自身の身体や心の状態を知り、心身の調和のとれた健康を保つ方法について教えてくれ、既に病気になってしまっている場合の治療についてももちろんですが、
そもそも病気になりにくい心身をつくること、健康を維持し病気を予防するという予防医学の側面を重視しています。
心と身体のバランスがとれていることを「健康」と考え、普段からバランスを整える事を基本とし、
1人1人の体質、年齢、体力、消化力、生活習慣、場所、季節など、
ありとあらゆるものを考慮して、その人に合った治療をします。

 

身体と心を支える3つのエネルギー

ドーシャとは?

 

古代インドでは、地球と宇宙に存在する全てのものに「空」「風」「火」「水」「土」の5元素から成り立っていると捉えられていました。

宇宙を構成する要素であるばかりでなく、人の体内の構成要素でもあるとされています。

一般的にドーシャとは、「体質」「性質」と訳され、この5元素「空・風・火・水・土」が持つ性質と作用の組合せにより、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の3つのドーシャに分類し、
これらのバランスが整った時が最も健康で美しい状態だと位置づけられてきました。

それぞれの体質に最適なアーユルヴェーダオイルを使用する事で、ドーシャのバランスを整え、美肌や老化プロセス抑制による若返り効果が期待されます。

アーユルヴェーダが規定している健康とは、

 

1:ドーシャのバランスが取れている。

2:食欲がある。

3:ダーツゥ(≒新陳代謝)が正常に機能している。

4:マラ(=排泄物)のバランスが整っている。

5:五感や精神状態が至福に満ちている状態である。

 

を意味しています。